授業の受け方 〜ノート取りすぎんな〜


 前のページ(ちゃんとやってるのに伸びないのはどうして?)


前のページでは

 「ちゃんと」授業受けてるのに
 「ちゃんと」ノート取ってるのに
 「ちゃんと」テスト勉強してるのに

うまくいかないってどういうことかを考えました。

図星だった人にはショックな内容だったんじゃないかな。
だけどここから。ここから始めていこうね。


ーーーーーー


んで!
今回の本題「授業の受け方」。

もうサブタイトルにも書いてるけど、言いたいのは「ノート取りすぎんな」ってことです。
えーって感じするでしょ。だってノート大切じゃんって思うよね。

消しゴムの使い方というページでもノートについての話をしました。
ざっくり言うと「ノートをきれいに書こうとしすぎないで」ということ。
色をたっくさん使ってきれい(っぽい)ノートの人はあんまり勉強得意じゃなかったりするし、高得点取ってる人のノートは意外とごちゃごちゃだったりします。
ノートはきれいに書くためのものじゃなくて、理解するためのものなんだよっていう話でした。

ただ、ノートを取りすぎんなっていうのはどういうこと?って思うよね。

でも実はちょっと気づいてるんじゃないかな。
授業で板書を写すよね。
写してる間に先生が次の板書を書いてるでしょ。
やっと書き終わったのにまた次の板書。
それが書き終わったらまた次の板書。
書くだけになってるでしょ。
先生と絶対に追いつかないおいかけっこしてる感じです。

じゃあ質問ね。
その一生懸命ノートを書いたその授業の、その直後に、その内容の小テストをやったとします。
どのくらい取れる?

・・今、やばっと思った人はえらい。想像力があります。
たぶん書くだけで精一杯になってた人は、その直後の小テストでも点を取れません。
だって。だってなんだと思う?

だって先生の話を聞いてないんだもん。
書くこと「だけ」を一生懸命やってるだけで、話は聞いてないし、書いてある内容を理解しようともしてないんだもん。
ただ写してるだけ。
そりゃあ分かんないよ。

これは自分が先生になってみるとすぐに分かります。
自分の得意なこと(植物が好きな人は植物について、カメラが好きな人はカメラについて)を黒板に板書しながら授業してみよう。
実際にやったほうがいいけど、想像するのでもいいです。

板書をするときは説明しながら書くはずです。無言で書くことのほうが少ないと思う。
それに書いた板書を指差して「これがね、こうなって!」ってアクションしながら話すときもあるはずです。

だけど、見ていない(聞いていない)生徒は、説明もアクションも何も頭に入ってないんだもん。
それだけでこの生徒たぶん理解してないなーってわかります。
少なくとも、授業直後に小テストをしたら絶対に解けないはず。

直後に小テストして点が取れないってことは、理解度0ってことだよね。
0の状態からテスト前に勉強して、全科目いい点取るほうが難しいはずです。
授業である程度理解してたら、理解度7くらいまでにしてあったら、もっと楽にテスト勉強できるかもしれないよね。
つまり、もっと楽に点が取れるはずです。


ーーーーーー


え? 結局どうしろってこと?
って思ってるかな。

結局、ノート取りすぎんなってことです。
今授業を受けるときに「書く:聞く」がほぼ「10:0」になってるでしょ。
その比率(ひりつ)の「聞く」をグーッと上げてください。

ノート取って聞くって難しいから、いったん「書く:聞く=0:10」にするくらいのつもりでいいです。
ノートを書くのを一回諦めてみるっていうこと。
あくまで「聞く」がメイン
「聞く」で余った時間で、メモ程度のノートを書く、ということ。
それが授業の受け方のコツです。

 いやいやいや!
 書くだけで精一杯だったんだから聞く時間ないわ!
 ノートちゃんと書かないとテスト前困るから書くわ!聞けねえわ!

って思うかな。

でもさ。
キツイこと言うけど、今までノート取ってても点取れなかったんじゃん。
今までの「ちゃんと」はもう通用しないってことなんだよ?
それをよく考えてね。

ノート取るなとは言ってないからね。
「聞く」をメインにしようって言ってるだけです。

聞くをメインにしてたら、ノートが書ききれないときもあると思う。
そういうときは友達にその部分だけ写させてもらえばいいじゃん。
写させてもらえなくても、似たような内容は教科書やワークに載ってたりするから意外と大丈夫だよ。

「聞かない」ということは「理解しない」ってことです。
理解してないから、テスト前にノート見直しても(ちゃんと書いてたのに)意味が分からなかったんだよ。
理解していれば、ノート、教科書、ワーク、プリントっていう道具をうまく使えるようになります。
「理解する」ためには、「聞こうね」ということ。

バラエティ番組のテロップ(文字)を全部ノートに書いてたら内容入ってこないと思うよ。
書くのと聞く(見る)のどっちかしかできないとしたらそりゃあ「見る」を選ぶよね。
じゃあ学校の授業もおんなじ。
もっともっと見て聞くこと。話を聞き逃さないこと。
よくわからないのをひたすら書くだけだからつまんなかった科目もあるはずだよ。
話を聞けば内容が入ってきて、理解できて、意外と面白くなるかもしれません。


ーーーーーー


中学のときも高校のときも、クラスにひとりくらい、なんにもノート取らない同級生がいました。
その意味がそのときは全然分からなくて。
ノートも書かないで何やってんだよって思ってました。不真面目だなーくらいにね。
だけどそいつ点取れんだわ。他の友だちに教えたりとかしてるんだわ。

でもその理由が今なら分かる。
自分が中高のときの自分にアドバイスができるなら、もっと聞けって言います。
ノートとりあえず置いとけって。

実際、先生5人に「ノート取って話聞かないのと、話聞いてノート取らないのどっちがいい?」って質問したら、みんな話聞くのを選ぶんじゃないかなって思うよ。
一生懸命頑張る(ノートを取る)ことは悪いことじゃないけど、別に一生懸命やったら褒められるわけでもない。
もっと楽にゴールに行く方法があります。
頭悪いからって思う前に、試してみようね。効くからね。マジで。


ーーーーーー


次のページではさらにテスト前の勉強のコツについて話します。


 次のページ(予定の立て方と英数以外の勉強法(ワークの使い方2))
 もくじ




by dekiyosite | 2017-05-04 21:00 | 雑談