5.2. 連立方程式(かっこや分数小数はもうできる)


 前のページ(5.1. 連立方程式(基本))


前のページで連立方程式の基本、というかほぼ全てやりました。
このページは、たぶん短いです。


ーーーーーー


前のページで「連立方程式は最初の式を使いやすいように整える」って言ったよね。
それ以外の基本的な解き方はもう全部教えました。

このページのテーマの問題はこれらです。

c0357199_12192094.jpeg

これも、整えればいいだけ。
整えたら後は同じです。

整え方は3.3. 方程式(かっこ)3.4. 方程式(分数小数)でもうやっていたよね。
だから、もう出来る。


ーーーーーー


分数が出てくると、むずかしー!って挑戦しなくなって、結果として苦手になっちゃうこと、とても多いです。
「難しく考える」とうまくいかないんです。

このページを見てる人はたぶん、5.1.で連立方程式の基本は解けるようになったよね。
5.1.の連立方程式の問題を見ても、「うわあ連立方程式だよ」とは思わなくなったはずです。
「はいはい連立ね」くらいになったんじゃないかな。

分数とかが入ってても、「あ、連立じゃん」と思うだけなんです。
で次に「あ、分数ちょっとめんどくさいな、なくそう」と思うだけです。

最初から「分数を外した後にきれいになったら上と下をたし算するけどそのままでたし算できなかったらどっちかの式にかけ算して係数を合わせたらたし算してxかyかを出したら元の式に代入してもう片方出して答えだな」なんて思わないんです。
分数がある、とっちゃおうって思うだけ。そんなもんなんです。

方程式のページと前のページをちゃんとやってくれてたら、分数小数かっこがある連立方程式なんか絶対に解けます。
学校のワークとかでこの連立方程式を間違えてたら、その問題だけを練習してもだめです。
もう一度方程式のページからがんばってやってみよう。絶対にできるようになります。

このページは演習問題なしです。


 次のページ(5.3. 連立方程式文章題(食塩水))
 もくじ




by dekiyosite | 2015-06-05 13:33 | 数学