7.3. 平方根(加法と減法)


 前のページ(7.2. ルートの扱い方)


こんにちは。
今日からいよいよ平方根の計算です。
普通はかけ算わり算からやるみたいだけど、
たし算ひき算(加法減法)からやってみます。


ーーーーーー


(現時点では文字式のページをまだ作れてないけど)
方程式のページをクリアしてきた人たちなら

c0357199_09124778.jpeg


これは知っていると思います。
同じ文字同士だとたし算ひき算が出来たよね。

これと同じようなことが平方根にも言えるんです。
同じルートならたし算とかひき算ができます。

c0357199_09124712.jpeg


こんな感じです。

c0357199_09124723.jpeg


ね。ひき算も。


ーーーーーー


たし算ひき算はこれだけ。
これだけなんだけど、ここにいくまでに少し時間がかかります。
例えば。

c0357199_09174117.jpeg


これ、√8と√2だから計算できないー!
と思いきや。

√8は変形が出来ました。
素因数分解しましょう。

c0357199_09174191.jpeg


はいじゃあ変形。

c0357199_09174116.jpeg


そしたら√2と√2になりました。
だから計算出来るね。

c0357199_09174184.jpeg


というわけでした。
とにかくルートは、なるべく「a√b」の形にします


ーーーーーー


はい今度はこんな変な問題です。

c0357199_09214620.jpeg


でも前のページでちゃんと勉強したなら大丈夫。
分母にルートはいやだ!なんでした。
じゃあ有理化だよね。

(ちなみに。√6の6は素因数分解はできますが「a√b」の形にはできません。やってみればわかるよ!)

c0357199_09214632.jpeg


はい有理化しました。
そしたら両方とも√6になったから計算できそうだよね。
計算しましょう。

c0357199_09214605.jpeg


ということでした。


ーーーーーー


あら。
意外と難しくなかったね。

とにかく有理化とか素因数分解とかをして、
「a√b」の形にして計算しましょう。

ということでした。
ちなみに

c0357199_09244383.jpeg


これはルートが違うからこれ以上計算できないからね。
たしひき出来るのはルートが同じときだけです。

じゃあ演習ー!
7.2.

でも書いたけど、ノートの端っこは素因数分解でいーっぱいになるからね!

c0357199_05013991.jpeg


こんな感じ!
じゃあ演習!

c0357199_09264062.jpeg


((8)(9)は通分の知識が必要です。とりあえず(7)まで出来ればオーケー)


 次のページ(7.4. 平方根(かけ算わり算))
 もくじ


答え

c0357199_09264061.jpeg




by dekiyosite | 2015-05-26 15:12 | 数学