6.4. 因数分解(基本脱出)


 前のページ(6.3. 展開(基本脱出))


6.1.でやった展開、6.2.でやった因数分解の基本を、前のページとこのページでさらに強化しています。
ということでこのページが一番やっかい。でも6.3.までをしっかりこなせてたら、きっと大丈夫。


ーーーーーー


因数分解の公式をもう一度みてみます、

c0357199_03260938.jpeg


ということでした。


ーーーーーー


じゃあ、6.3.の展開と同じように進めてみます。

■ 因数分解「うしろに文字が増える場合」

まずはこちらをご覧ください。

c0357199_05144053.jpeg


さっきの公式のところにあった例題をまとめたものです。
(この意味がわからなかったら6.2.とかに戻ろうね)

これに「y」をつけると

c0357199_05144076.jpeg


こうなります。
これは、解き方同じ。ただ「y」があるだけだもんね。

c0357199_05144015.jpeg


本当に、さっきの問題にただ「y」が付いているだけです。
そういうふうに分解して考えられると、そんなに難しくないです。
解き方は同じだからね。

難しー!って思ったら、6.2.をミスなくパパパ!っと解けるようになるまで練習して、
そのあとまたおいでね。そしたらそんなに難しくなくなるはずです。


ーーーーーー


■ 因数分解「まえに数字が付く場合」

ここは難しく感じやすいところです。

c0357199_05175416.jpeg


こんなパターンね。やっぱり難しそう。
が!ここには実は(中学のうちは使える)ポイントがあります。

c0357199_05175478.jpeg


ででん!
公式ひとつめに「まえに数字が付く場合」はありません!(中学では!)

そうすると「まえに数字が付く場合」は公式ふたつめか、公式みっつめのどちらかでいいってことになるよね。
このふたつの見分け方は項の数がちがうから超簡単です!
それに注意すればここは、意外と難しくないです。

ただ計算ミスが増えます。
因数分解した答えを、頭の中(かノートのはじっこ)に展開して元に戻るかを常に確認しようね。


ーーーーーー


で!
だけど!

因数分解では、一番最初にやったくせに忘れやすいやつがいるんです。

c0357199_05192037.jpeg


はいこれ。

ちゃんとこのページで勉強した人は「まえに数字が付く場合」で「項が3つ」だから公式ふたつめじゃん!と分かります。

わかります??

でもうまくいかないよね。「24」って何かの2乗じゃないもん。
あれれれ・・?

「くくる」んです。くくれる時はいつだって。

c0357199_05192009.jpeg


そしたら、かっこの中で解く。

c0357199_05192092.jpeg


という感じです。これは公式ひとつめだよね。

くくれる時はとにかくくくります。これが何より先。
これは忘れないでね。


ーーーーーー


まとめます。

■ 因数分解「うしろに文字が増える場合」
→ 普通に解く

■ 因数分解「まえに数字がつく場合」
→ 見分けろ

■ 因数分解「だけどくくれるなら」
→ 早くくくれ

ということでした。

これで展開と因数分解はおしまい。
いけたかな。いけるよね!
この先の単元にかなりでてくる土台の単元なので、ぜひマスターしようね。

じゃあ演習!

c0357199_05303451.jpeg


練習用ランダムバージョン!

c0357199_05303555.jpeg



 次のページ(7.1. 素因数分解)
 もくじ


答え

c0357199_05303469.jpeg




by dekiyosite | 2015-05-18 14:30 | 数学