一般動詞とbe動詞の違い



 前のページ(読めないでやってない?
      (めんどくさい音読をやる理由
      (ABCをぱっと書けるか
      (英語の問題集の使い方


英語は「読める」ってことが大切だよっていう話をしてきました。
さあここから本格的に英語の勉強をスタートしようね。

んで。英語はとにかく動詞が大切!
動詞を中心に考えていくと理解しやすい、というか動詞が分からないと英語はわからないよ!
ということで動詞のことについて。

英語には2種類の動詞があります。

c0357199_02541891.jpg

 (画像は押すと拡大します)

一般動詞もbe動詞もこの後ちゃんと説明するけど、とにかくこの2種類があるということです。
英語は動詞が大切で、かつ一般動詞かbe動詞かによって使い方が違うから、区別をしっかりしておくことね。

be動詞は上の画像で書いてあるのだけ。
be / am is are / was were / been の7つだけです。
それ以外の動詞(like think play write buy come go haveなど)は全て一般動詞!
読めない単語があったらカタカナでもいいからすぐに読めるようにね!)

それだけ覚えたら、問に答えてから次のページに行きましょう。


Q. 一般動詞って何?


 次のページ(一般動詞の使い方)
 もくじ




by dekiyosite | 2015-05-11 03:22 | 英語