4.3. 式の計算(通分のやつ)


 前のページ(4.2. 式の計算(約分の注意点))


このページの問題は計算ミスが多発する問題です。
絶対ミスしない解き方を教えます。
(ここは特に自信あり)

自信があるのですぐに問題に入りたいところですが、
サッと「通分」の基本の復習をしようかな。


ーーーーーー


通分とは「分母(分数の下の方)の数字を合わせること」です。そうしないと分数はたし算ひき算ができないからです。

c0357199_09273869.jpeg

「2」と「4」を合わせるために、分母と分子の両方に数字をかけます。
これは方程式の「両辺になら同じことをしていい」とちょっと似てます。
もう一問。

c0357199_09273873.jpeg

「2」と「3」の場合は「6」にするんだけど、この数字を最小公倍数って言います。3.4.でもちょっと出てきました。
最小公倍数が分かるとスムースにいくんだけど、ちょっと難しい人は、お互いの分母の数字をかけちゃえばなんとかなります。

c0357199_09273804.jpeg

左の方は「4」と「6」の最小公倍数の「12」に合わせてるんだけど、右の方は最小公倍数を無視してお互いの数字をかけています。
これでも答え出るからね。分かんなかったらこうやってください。
通分の基本はこの程度でいいかな。


ーーーーーー


さあ本題!

c0357199_09330642.jpeg

ちゃっと解説に入るけど、こういうときは「長い分数にする」んです。
「2」と「4」で通分するので分母を「4」に合わせます。

c0357199_09355518.jpeg

左の項には「×2」をしてるのでこういうふうに書きます。必ず()をします。
右の項は元々「4」だから何もかけないんだけど、それでも必ず()をします。
解きます!

c0357199_09330664.jpeg

これだけ!
今回は4.2.でやったハートの法則が使えないのでこれで答えです。

c0357199_09330694.jpeg

こういうふうに分けてもいいです。(詳しくは4.2.でね)
分けてもいいけど、これ以降は分けないで解説していきます。

この問題をミスしないためのポイントは2つ。

 ① 長い分数にする
 ② 必ず()をする

これだけです。
長い分数にしなかったり、()の行を飛ばしたりすると必ず計算ミスします。
これだけすればこの問題は全然苦手じゃなくなるよ。やってみようね。
めんどくさい!って守らずにミスして解き直しさせられる方がめんどくさいよ!

あと3問やります。


ーーーーーー


c0357199_09385643.jpeg

「4」と「3」なので「12」に通分をします。

c0357199_09385661.jpeg

長い分数は慣れればやってくれるけど、必ず()をするというのはめんどくさがって省略されがちです。
でも()した方が間違えないしだから、必ずやろうね。

次!

c0357199_09385622.jpeg

困るかもしれないけど、「x」を「x/1(1分のx)」だと考えれば難しくありません。

c0357199_09385650.jpeg

こんな感じです。「x」ひとつでは()は書けないけど、やってることは同じです。


ーーーーーー


解説の最後の問題。

c0357199_09421137.jpeg

こういうタイプは、今までの問題の形に変えちゃうんです。
分母の上に全部乗せちゃうということ。

c0357199_09442466.jpeg

こんなふうにです。
ちょっと右の項が気になるけどね。

でもやることはもう一緒。長い分数にして()をします。
「6」と「4」はさっきやったので、最小公倍数の「12」に合わせます。

c0357199_09442448.jpeg

ちょっとごちゃついたけど、やってることは一緒だって分かれば大丈夫。
あとはいつもどおりです。最初からやるね。

c0357199_09421177.jpeg

これで答えです。
いつもの形に変えて、いつも通り解こうねということでした。
(解き方がいつも同じだと、迷わないから楽です)


ーーーーーー


ここはミスが本当に多いからね。
でももう1問もミスしないようにしよう。
計算量は少し多めだけど、落ち着いて、いつも通りやろう。

演習!

c0357199_09551840.jpeg


 次のページ(4.4. 式の計算(○乗))
 もくじ


答え

c0357199_09551982.jpeg

c0357199_09551911.jpeg



by dekiyosite | 2015-05-07 12:51 | 数学